未分類

WEBライターの仕事の取り方4パターン|受注のポイントアドバイス

WEBライターの仕事の取り方

こんにちは、4年目WEBライターの高橋久美です。

フリーのWEBライターは一体どこから仕事を取っているのでしょうか?

今回は、主な仕事の取り方と受注するときのポイントをまとめました!

かける
かける
未経験でも仕事が取れる方法ってありますか?
久美
久美
いろんなルートがありますよ!

実際に私が仕事を取れた方法や失敗談も交えて解説します。

お読みいただくと、こんなことがわかります。

この記事でわかること
  • WEBライターの主な仕事の取り方
  • 契約時の注意点
  • 報酬アップのコツ

WEBライターの仕事の取り方4パターン

WEBライターの主な仕事の取り方には次の4パターンがあります。

  1. クラウドソーシングに登録
  2. メディア運営者に直接応募
  3. 自分のSNSやブログから受注
  4. 名刺営業・紹介

それぞれのメリット・デメリット、契約時の注意点などを見て行きましょう!

クラウドソーシングに登録

未経験のWEBライターが初めての仕事を受注するのに最も敷居が低いのは、クラウドソーシングでしょう。

かける
かける
ランサーズとかクラウドワークスとかですね
久美
久美
クラウドソーシングのメリットは、案件の数が豊富なことと、契約・支払い関係が楽なことです!

クラウドソーシングに登録すると、いろんな企業のライター募集を一覧から探すことができ、未経験・初心者OKの案件もたくさん見つかります。

いきなり何千文字もまとまった記事が書けなくても、数百文字〜の「タスク」と呼ばれる簡単な仕事から実績を作っていくことが可能です。

また、面倒な契約や請求関連も、クラウドソーシング経由なら規約が統一されていて安心です。

例えば、「仮入金」などのシステムがあると、納品したのに入金されないなどのトラブルがありません。

かける
かける
フリマアプリで、買う人が仮払いしたのを確認してから商品を発送して、受取り後に入金されるのと似てますね
久美
久美
そうなんです!請求書を送ったり振込入金を確認したりっていう手間がないのも楽で良いです

一方、クラウドソーシングのデメリットは、

  • システム利用料(手数料)が引かれる
  • ライター名が記載されない仕事が多い

などです。

クラウドソーシングだと、仕事を受注したライター側が報酬の5〜20%の手数料を支払うことになります。

例えばランサーズで10万円の依頼が成立すると、手数料は20%の2万円。

かける
かける
けっこう痛いですね…
久美
久美
営業や請求業務を代行してもらっていると思えば妥当なんでしょうけど、大きいですよね

また、一般的にクラウドソーシングでは著作権関連の規約は次のようになっています。

  • 著作権は全てクライアントに譲渡
  • 著作者人格権は行使しない
かける
かける
それってどういうことなんですか?

簡単にいうと、「納品した記事については、公表や内容の改変、ライター名の表示の有無についても完全にクライアントに委ね、一切文句は言いません」という意味です。

久美
久美
ライター名が記載されない案件も多いので、ライターとして名前を売っていきたい人、クリエイティブな仕事をしていきたい場合には不向きです
ポイント
  • 未経験でもOK
  • 契約・支払い関係が楽で安心
  • 名前の出ない仕事が多い

メディア運営者に直接応募

次は、クラウドなどを介さず、メディアのライター募集に直接応募する方法です。

サイトの下の方を見ると、「人材募集」「ライター募集」などのリンクが掲載されていることがあります。

トライアル記事を添えてメール等で応募するのが一般的で、ブログやTwitterなども考慮されます。

久美
久美
ライティング力だけでなくメディアに読者を引っ張ってくる「インフルエンサー」的な要素が求められるのが、クラウドライターとの違いです

どのメディアも読者を集めたいわけですが、すでにTwitterのフォロワーが何十万人もいるようなライターが書くと、「ここのメディアで書きました!」とリンクをシェアしただけでいきなりアクセスが爆発的に増えることがあります。

かける
かける
「バズる」ってやつですね
久美
久美
もちろん記事の内容も大事ですが、読者を集める力があれば記事の企画から関わるなど、クリエイティブな仕事がしやすくなります!

そうなるには、ライター名が出る仕事の実績を増やし、個人のブログやSNSでも情報発信をして自分のファンを増やしていくことです。

デメリットがあるとしたら、

  • 最初は無報酬のトライアル記事をたくさん書いて応募しないといけない
  • 有名になることによる不利益を被る
  • 契約や請求は自己責任

など。

有名になることについては、ペンネームを使って顔を出さなければ実生活への影響は軽減できます。

かける
かける
自分が好きなメディアで、自分の企画を考えられるって、面白そうですね
ポイント
  • 書きたいメディアで書ける
  • ライターにもインフルエンサーの役割が求められる
  • 契約や請求は全部自分でやる

自分のSNSやブログから受注

上記のようにライターとして名前が売れてくると、応募しなくてもメディアの方から「ここで執筆してもらえませんか?」とオファーが来るようになります。

がっちりホームページを作って問合せフォームを置いている人もいれば、自分のブログやTwitterのDMから問い合わせを受け付ける人もいます。

久美
久美
自分から応募するのと違って、向こうがすでに興味を持って問合せしてくれているので、報酬の交渉や契約内容は有利に話を進められます
かける
かける
そんな売れっ子ライターになりたい!

基本的に待ちの姿勢なので、急いで仕事を探すのには向きません。

しかし、どこからご縁がつながるか分かりませんので、Twitterだけでもアカウントを作って問合せを受けられるようにしておくと良いでしょう。

ポイント
  • Twitterや自分のブログから仕事のオファーを受け付ける
  • 向こうから興味を持ってくれているので契約に有利
  • ただし、実績・知名度がないうちはほぼ問い合わせはこない

名刺営業・紹介

最後は、意外と使えるアナログ営業方法です。

実は、私が現在受注している仕事は全てアナログ営業で取ってきたものなのです。

かける
かける
ウェブの仕事がアナログで取れるって、ちょっと意外ですね
久美
久美
クラウド経由でも、結局は仕事を頼んでくれるのは生きてる人ですからね(笑) むしろ、対面の方が営業はしやすいですよ

私がライターの先輩から教わった営業方法は、「ライターの肩書きを書いた名刺を配れ」でした。

ライターになるには資格は要りませんから、未経験でもいきなりライターを名乗っても何も問題はないのです。

仕事をもらって、もしも手に負えなかったら先輩にやってもらえばいいや、と思って、私はあちこちで名刺を配りまくりました。

何も実績がないので非常にシンプルな名刺でしたが、セミナーで出会った人から注文がありました。

久美
久美
未経験だし、値切られるかな?と高めに見積もりを出したら、そのまま言い値で払ってくれて「神か!」と思いました
かける
かける
そんなことって、あるんですね

その後もセミナーや異業種交流会で名刺を配り、お店をやってる経営者の方や士業の先生からホームページやニュースレターなどのお仕事をいただくようになります。

また、これまたセミナーで知り合った経営コンサルタントの人やWEBデザイナーさんから仕事を回してもらったり、お客さんを紹介してもらうこともありました。

直接会ってるので、気軽に打ち合わせができてコミュニケーションが取りやすいのも良いですね。

デメリットは、フリーランスあるあるなのですが、

  • 交流会やセミナーなど交際費がかかること
  • たまに保険やネットワークビジネスの勧誘をされて時間が潰れること
  • WEB集客やライターの相場を知らないお客さんには教育が必要

などです。

紹介の仕事は断りにくいのですが、「イベントのレポート記事を3000円で書いて」と知り合いから頼まれた時は、さすがに断りました。

他には、無限に細かい修正を繰り返してなかなか校了にならない社長さんがいました。

かける
かける
うわぁ
久美
久美
振り回されると大変なので、こちらが主導権を持って提案できるようにしたいですね
ポイント
  • 名刺を配るアナログ営業は有効
  • 交際費とアポイントの時間コストがかかる
  • お客さんに振り回されると大変

WEBライターの仕事の取り方|まとめ

まとめると、WEBライターの仕事の取り方は…

  • クラウドソーシング
    お手軽、初心者歓迎、契約・請求関係が楽
  • メディアのライター募集に直接応募
    好きなメディアで記事が書ける、採用の鍵は筆力とフォロワー数
  • 自分のSNSやブログから
    オファーを待つ。名前が売れてないと来ない。
  • 名刺営業・紹介
    意外と有効。主導権を持って提案することと、時には断る勇気を。
かける
かける
ボクは副業ライターであまり身動きが取れないので、クラウドソーシングで実力をつけながら、メディアにも応募してみようと思います!
久美
久美
頑張ってください!
私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんのメルマガを読んで、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。

「とにかく人生を変えたい」「自由になりたい」「願いを叶えたい」という人は、ぜひ読んでみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!