未分類

WEBライター関連の資格・持ってると単価の上がる検定などまとめ

webライターの資格

こんにちは、Webライター4年目の高橋久美です。

今回は、WEBライターに関連する「資格」の情報を色々まとめました。

この記事でわかること
  • そもそもライターになるには資格は必要なのか?
  • 持っていると文字単価が10倍になる資格とは?
  • 正直、取らなくても良いと思う資格

などなど、現役ライターが解説します。

前提:WEBライターに「なる」のに資格は不要

大前提として、WEBライターに「業務独占資格」はありません。

例えば、医師免許がないと医師を名乗ることはできませんし、ブラックジャックみたいにどんなに手術の腕が良かったとしても医療行為をするのは違法になってしまいます。

このように「資格がないと絶対にできない仕事」に必要な資格のことを業務独占資格と言います。

WEBライターは資格がなくても、誰でも名乗ることができ、クオリティは置いといて誰でも仕事をすることができます。

なので、WEBライターになるために絶対に必要な資格は存在しないのです

逆に資格だけ持っててもテストライティングで全く書けなかったら採用されません。

実績がゼロで力量も同じぐらいのライターが応募してきたときに、WEBライティング関連の資格を持ってる人の方がちょっと心象が良いぐらいの話です。

どちらかというと執筆するコンテンツに関係する資格の方がよほど役に立ちます。

というのも、お金や健康など人々の生活の質に直結する記事には信頼性・権威性が求められるようになってきていて、専門家ライターの需要が高まっているからです。

難関資格であるほど書ける人が少ないので記事の単価も高くなります。

しかしWEBライティング関連の資格に全く意味がないかというとそんなこともなく、知識ゼロの人がモチベーションを保って学び、自信をつけるキッカケにはなると思います。

というわけで、ここからはwebライティング 関連の資格、日本語・文章力やSEO知識の検定、その他コンテンツライティングの単価を爆上げする専門資格などを見ていきましょう。

WEBライティング関連の資格

WEBライティング関連の資格の主なものがこちらです。

  • Webライティング能力検定
  • WEBライティング技能検定
  • プラチナライターテスト

その理由も含めて、それぞれの検定の特徴をチェックしましょう!

Webライティング能力検定

2012年から継続し、受験者は累計1600人を超える、日本で最も歴史のあるWebライティング検定です。

協会を運営する会社は記事作成代行やSEOコンサルティングを行っており、1級合格者へは優先して仕事紹介しているとのこと。

同じ問題を受けて得点により1〜3級の等級がつきます。

主催 一般社団法人 日本WEBライティング協会
難易度 簡単
受験資格 誰でも
受験会場 東京・大阪の他、一部の地方都市
検定試験 国語力、Webライティング基礎、コピーライティング、メールライティング、SEO、法律、倫理、炎上対策、ミニ論文から出題。論文のみ記述式。
受験料金 13,500円(税込)、学生は50%引き6750円(税込)
公式テキスト代込み。
おすすめ度
公式ページ https://日本webライティング協会.com

1級合格率は30〜35%とのことですが、これは社員研修などで受験した人など全くウェブ文章を知らない人も含めての数値。

ネットの口コミを検索すると「満点で1級に合格した」という人がちらほら見られ、すでにライティングの勉強をしている人なら難なく合格できるでしょう。

Webライティング初心者が一通り勉強するには良さそうかな、ってぐらいです。

WEBライティング技能検定

月1回、WEB上で行う検定試験で、合格すると「WEBライティング実務士」の資格がもらえます。

資格取得者はランサーズを始めとした提携先のクラウドソーシング事業者にて、オススメ人材としての優遇や報酬アップの特典あり。(参考:『WEBライティング実務士』特典の詳細について

主催 日本クラウドソーシング検定協会
難易度 とても簡単
受験資格 「WEBライティング技能検定講座」を購入した人
受験会場 WEB上
検定試験 4択問題50問と実技ライティング問題が4問、計54問(90分)
受験料金 受験資格を得るための「WEBライティング技能検定講座」が32,000円(税込)、本試験料6,000円(税込)、合格証発行料3,000円(税込)
おすすめ度
公式ページ https://crowd-kentei.or.jp

ネットの評判がめちゃくちゃ悪いです。

資格を取得するためにトータル41,000円が必要で、しかも教材の内容も薄く、本試験も超簡単。

「資格商法では?」とボッコボコに叩かれまくっております。

実際に受験された方によると、

この試験に落ちるようであれば、WEBライターとして生きていくのは絶望的に厳しい。

付け加えるならば、『基礎編・実践編』の問題集をたったの1問でも間違えたならば、ライターとして猛省しなければならないレベルである。

引用:WEBライティング技能検定を実際に受講してみた所感|Webライターとして生きる

ってぐらいめちゃくちゃ簡単らしいです。

しかしながら、特典の「サグーライティングプラチナの記事報酬が永久5%アップ、ボーナス報酬が2倍(総計22万円相当)」で元は取れそうなので、後述の「プラチナライターテスト」の合格者には受験のメリットがあるのかなと思います。

プラチナライターテスト

サグーライティング内の「プラチナライター」ランクを取得するためのテストです。

プラチナライターになると文字単価1円以上の高単価案件を受注できるようになります。

実質のテストライティングのようなもので、受験料は無料

プラチナライターに受かるための攻略方も同社のメディア「こぶたの鉛筆」にて無料で公開されています。

主催 サグーワークス
難易度 難しい
受験資格 誰でも
受験会場 WEB上
検定試験 「業界の知識」「基本的な文章能力」を総合的に審査。
受験料金 無料
おすすめ度
公式ページ https://works.sagooo.com/platinum

文字単価1円が高いのかどうかは置いといて、ライターとしての実務能力を測るテストとなっています。

知識だけでなく、与えられたテーマに対して制限時間内に記事をまとめるライティング力が必要なため、かなり書き慣れていないと合格できません。

サグーワークス以外で仕事をする場合も「プラチナライターテスト合格者」は一目置かれる感じです。

もしも私が記事を外注するなら、検定合格者よりプラチナライターを信じます。

日本語・文章力の検定など

日本語や文章力関連の資格は、採用の決め手になる資格ではないものの、正しい言葉遣いや表記の教養を身につけるのに受けてみるといいかもしれません。

日本語検定1級

正しい漢字や仮名遣い、送り仮名が使えるか、言葉の意味を正しく理解し適切に使えるか、など日本語の総合的な能力を測る検定試験です。

1級は社会人上級レベル。

主催 特定非営利活動法人 日本語検定委員会
難易度 やや難(合格率5〜20%)
受験資格 誰でも
受験会場 全国100カ所以上の都市
検定試験 敬語、文法、語彙、言葉の意味、表記、漢字(筆記)
受験料金 6,000円
おすすめ度
公式ページ https://www.nihongokentei.jp

過去問を見てみると1級はかなり難しいので、勉強のしがいがあると思います!

文章検(文章読解・作成能力検定)2級

文章やデータの要約文を作成する、題材に応じて自分の意見をまとめるなど、ライターには必須の文章作成能力を測る検定試験です。

なぜか1級がなく、高等教育〜社会人レベルの2級が最難度となっています。

主催 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
難易度 やや難
受験資格 誰でも
受験会場 東京都・大阪市
検定試験 基礎力(語彙、文法)、読解力(意味内容、資料分析、文章構成)、作成力(構成、表現、総合)
受験料金 4,000円
おすすめ度
公式ページ https://www.kanken.or.jp/bunshouken/

あまり知名度はない検定と思われます。私もこのブログを書くために調べるまで知りませんでした。

漢検(日本漢字能力検定)2級以上

おなじみ漢検です。社会人レベルは2〜1級。

主催 公益財団法人 日本漢字能力検定協会
難易度 2級…高校卒業程度、1級・準1級…大学・一般程度
受験資格 誰でも
受験会場 全国180カ所
検定試験 漢字の読み書き、意味の理解、文章の中で適切に使える能力
受験料金 1級が5,000円、準1級が4,500円、2級が3,500円
おすすめ度
公式ページ https://www.kanken.or.jp/kanken/

日本語検定や文章検定に比べると圧倒的な知名度のある漢検。

1級はマニアックすぎてWEBライティングでは使えない漢字や表現ばっかりかも?

SEO関連の資格

探してみたら、SEO関連の資格も見つかりました!

SEOライティングできますアピールに使えそうな各種検定をご覧ください。

SEO検定

SEO技術を体系的にまとめたカリキュラムを4級から1級まで段階的に学習できる検定制度。

主催 一般社団法人全国SEO協会
難易度 簡単
受験資格 誰でも
受験会場 東京・大阪・名古屋・福岡
検定試験 テキストの範囲から出題
受験料金 1級の場合、受験料8,000円、認定証発行料無料、公式テキスト1,200円(税別)
(テキスト・問題集・セミナービデオと受験料1回分を含むトータルセットは税別20,000円)
おすすめ度
公式ページ https://www.zennihon-seo.org

テキストの内容はSEOの一般的な話なのでそこまで難しくなさそうです。

SEOライティング未経験の人がクライアントに勉強してますアピールするのには使えそう。

運営元はセミナーや会員制度などもやっているので、情報が欲しい人は受けてみても良いかも。

その他専門分野の資格

文章力よりも、コンテンツの中身に関わる資格の方が実は重要です。

ライターの専門性によって記事やサイト全体がGoogleから高い評価を受け、検索順位が上がるからです。

弁護士、FP、医学博士、などの有資格者は単価の桁が1つ上がるぐらい別次元になります。

他にも、キャリアカウンセラー、ITパスポート、野菜ソムリエ、温泉ソムリエ、インテリアコーディネーター、風水鑑定士、天然石鑑定士、などなど、その記事ジャンルの専門家である証明となる資格は有利になります。

まとめ

ライターになるためには資格は不要ですが、未経験の段階で最初の案件をもらう後押しになってくれます。

また、記事ジャンルに関わる難関資格をゲットすると単価が大幅にアップする可能性も!

勉強して専門性を深め、より良いコンテンツと報酬を目指しましょう。

有名どころのライティング講座を受講していることも、資格以上に仕事につながりますよ↓↓

ウェブライティングの講座情報
WEBライティングの講座情報まとめ|告知サイト・定期開催などWebライティングの講座が探せる全国版のセミナー情報サイトや、定期開催している有名な講座などをまとめました。中身のあるいいセミナーの見分け方のポイントも解説!...
私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんのメルマガを読んで、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。

「とにかく人生を変えたい」「自由になりたい」「願いを叶えたい」という人は、ぜひ読んでみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!