未分類

WEBライターの仕事は楽しい!面白さ・やりがいまとめ

WEBライターは楽しい

初めまして、WEBライター4年目の高橋久美と申します。

この記事では、これからWEBライターを目指したい人に向けて、ライティングの仕事の楽しいところや、面白さ・やりがいを感じられるところを色々お伝えしたいなと思います!

ふみか
ふみか
文章を書く仕事って、楽しいんですか?
久美
久美
すっごい楽しいよ!!

もちろん、他の仕事と同じように楽しいことばかりではなく、大変なことや辛いこともありますが、「これがあるから続けて来られた」と思うような素敵なこともいっぱいあります。

今回は、そんなウェブライターの仕事の醍醐味をご紹介しましょう。

お読みいただくと、こんなことがわかります!

この記事でわかること
  • ライターの仕事の楽しさ・面白さ
  • 記者やコラムニストとはどう違うの?
  • WEBライターに活かせる資格や経験は?

元・会社員で副業からライターの仕事を始め、現在はフリーランスの専業ライターをしている高橋久美が解説します。

WEBライターの仕事の楽しいところ

久美
久美
WEBライターってどんなイメージですか?
ふみか
ふみか
すみません、そういう仕事があることすら最近まで知らなかったので、イメージは「特にない」ですね…
久美
久美
ですよね〜

一部、ソーシャルメディアのインフルエンサー的な売れっ子ライターさんもいますが、それ以外の大多数のライターはあまり目立たない存在です。

例えばネットで調べ物をしていて、知りたいことがまとまっている記事を発見したとしても、その情報を「誰が書いたか」なんて特に気にしませんよね。

実際、記事にライター名すら表示されず、誰が書いたのか分からないようなこともよくあります。

一体、何が楽しくてそんな地味なライターなんかやってるの? と思われる人もいるかもしれません。

久美
久美
もちろん、好き嫌いはあると思いますが、私が思うライタティングの仕事の楽しいところを以下でご紹介します!

いろんな人の話が聞ける

ふみか
ふみか
ライターって、作家やコラムニストとはどう違うんですか?
久美
久美
一番の違いは、自分の意見を述べるかどうか、だと思います

作家が自分の思ったことや言いたいことを自由に書くのに対して、ライターは「誰かの知識や意見」を読者に届けるパイプ役になることの方が多いんですね。

また、テーマの選び方も自分が好きなことというよりも「お客さんからの注文」つまり「多くの人が読みたいこと」を書きます。

文章を書く色々な仕事を意見とテーマで分類すると、こんな感じです。

文章を書く仕事色々

ここには載ってませんが、「セールスコピーライター」はちょっと特殊で、普通の文章を書く仕事とは全く違うので省略。

ちなみに、私がライターの見習いをしていた頃、先輩のテープ起こしを手伝っていたことがあります。

スポーツ選手や業界のすごい人の取材に同行させてもらったり、対談やセミナー音声をもらったりして文字に起こすので、タダでいろんな面白い話が聞けました。

ふみか
ふみか
へぇ〜、ライターって、そんなこともやってるんですね
久美
久美
こんな考え方とか視点があるんだなあ、と聞いてるだけでも楽しくて、すごい役得だと思いましたよ

最近だと、YouTubeチャンネルを持ってる人からの依頼で、動画の内容を文字に起こして記事の体裁にまとめて欲しい、なんてお仕事もいただきます。

そういう場合は、ユーチューバー本人が書いたようにする、いわゆる「ゴーストライティング」になりますが、いかに自分の気配を消して、その人の雰囲気を文章で表現できるか、がライターの腕の見せ所。

人の話を聞くのが好きな人や講演会やセミナーが好きな人にはライターは楽しい仕事だと思います!

専門知識を活かせる

ライターの仕事をしていると、これまで過去に勉強したことや自分の専門分野が活かせることがあります。

例えば、私の知り合いに、前は学校の先生をやっていて、今は受験塾のメディアの記事を書いている、というライターさんがいます。

私自身も、大学ではプラトンとかカントとかの哲学を学んで何の役にも立たなかったなあと思ってたら、何年も後にスピリチュアル記事を書くための背景知識としてすごく役立ちました。

あと、会社員時代にてっとり早くお金を稼ぎたいなぁとFXを勉強してちょっとやってたこともあったんですが、そのお陰でFXのメディアの仕事をいただけたこともあります。

ふみか
ふみか
ライティングって、色んなお仕事があるんですね
久美
久美
英会話や保育・育児、美容、恋愛、映画、旅行など、いろんな知識や経験が人のために活かせますよ

特に、医療・税務・金融・法律・不動産野の専門知識や資格のあるライターは超希少なため、高単価の仕事が取れます!

専門知識や資格を持っているのに事情があって専門の仕事ができていない人は「WEBライター」なら、地方でも海外でも、ネットさえ繋がって入ればどこでも専門性を活かした仕事ができます。

ふみか
ふみか
結婚して退職した主婦や転勤妻の方でも、ライターとして第二のキャリアを積んでいけますね!

新しい知識が増えていく

自分の得意分野であっても、記事を書いてまとめるためには、そのジャンルの最新の事情や正確な情報を集める必要があります。

だから、ライターの仕事はずーっと勉強です!

私の場合、新しいジャンルの記事を書く前には、その分野についての本を最低10冊は読むようにしています。

また、1個の記事を書くごとに既存のネットの情報もざっとリサーチします。

読書やネットサーフィンが好きな人にとっては、かなり楽しめる作業です。

久美
久美
10のことを書くには、10だけ知っているよりも、100とか1000とか知っている方が圧倒的に書きやすくなるんです
ふみか
ふみか
ライターは知識欲が旺盛な人に向いてそうですね

HTMLスキルがちょっと身につく

WEBライターの仕事をすると、文章力が鍛えられるのはもちろんですが、関連するスキルも身につきます。

原稿は「Microsoft Word」の形式で納品するのが一般的ですが、「Word Press(ワードプレス)」というブログ形式で納品を求められることも多くなってきています。

Word Press入稿のためには、ウェブページを構成する言語である「HTML」の知識が多少は必要になります。

ふみか
ふみか
なんだか難しそう…
久美
久美
アメーバブログとかを使ったことがある人なら似たような感じですよ
ふみか
ふみか
ブログですか…。昔、簡単なテキストサイトならやってたことあるんですけど
久美
久美
あ、それよりは簡単です!

SEOがちょっと学べる

ウェブ媒体特有の「SEOライティング」も学ぶことになります。

そもそも、なぜウェブライターという仕事が発生するのかというと、企業がお客さんを集めるためにメディアを使っているためです。

久美
久美
ふみかさんは、最近何かググって調べたことありませんか?
ふみか
ふみか
そういえば、家で飼ってる犬がなかなか「ふせ」だけ覚えなくて、「犬 ふせの教え方」って調べたら、犬のしつけのサイトが出てきました。これが集客になるんですか?

GoogleやYahoo!などで検索すると、関係あるサイトがリストアップされてネットの情報を見つけやすくなりますね。

だいたい上の方に出たサイトから読んで行くと思いますが、このとき、サイトをよく見ると広告が貼ってあったり、または記事の最後の方で宣伝や告知をしていたりします。

ネットサーフィンをしていて、パッと目についた広告をクリックしたら、ズラ〜っと長いページに移動して最終的に補正下着とか青汁を買っちゃった、なんてことはありませんか?

企業は自社の商品やサービスを見つけてもらうために、メディアを運営して検索されそうなお役立ち記事をたくさん掲載しているんですね。

この「検索されやすいお役立ち記事」を書く技術がSEOライティングなのです。

ふみか
ふみか
SEOライティングは普通の文章と何が違うんですか?
久美
久美
読者の役に立つことはもちろんですけど、「検索する人が読みたい内容は、ここに書いてありますよ」と検索エンジンに教えてあげる文章ですね

SEOライティングも見た目は普通の文章と同じですが、次のような特徴があります。

  • 検索されやすくするための「検索ワード」や「見出しの構成」の指示に沿って書く。
  • 検索ワードに関連する特定の単語を一定の回数出現させる
  • 「WEBライター」と「ウェブライター」のような表記揺れをあえて入れる(両方で検索されるようにする)

ライターの立場では「指示通り書ける」ぐらいで構いませんが、SEOを勉強すると自分でサイトを運営してネットビジネスができるようにもなります。

SEOも奥深いので、勉強・研究のしがいがあって面白いし、SEOライティングができるとクライアントからも重宝されますよ。

たくさんの人に読んでもらえる

久美
久美
自分が書いた記事にアクセスが集まってたくさんの人に読んでもらえるのは、やっぱり嬉しいですね
ふみか
ふみか
ウェブの文章って、どのくらい読まれるんでしょうか?

サイトの規模や記事の内容にもよりますが、記事をウェブにアップして検索結果の1ページ目に表示されると、1日に何十人、何百人という読者がその記事を読むことになります。

自分の知識や経験を活かして書いた記事が、だれかの役に立っているのはそれだけで嬉しいものです。

読んだ人の困りごと・悩みごとが少しでも解決して、気持ちが軽くなったら…そんな思いで仕事をしていると、書いてる時から楽しくなってきます!

読者の反応が嬉しい

読者さんから反応が返ってくると、ますます嬉しいですね。

ライター名やツイッターアカウントが掲載される記事だと、読者さんから感想がもらえることもあります。

自分が書いた記事が「これ面白い」「役に立った!」とSNSでシェアされたり、サイト内コメントが付いたりするのも励みになります。

久美
久美
自分の名前じゃなく純粋にコンテンツが評価されるのは意外と嬉しいもんです
ふみか
ふみか
私もあまり目立ちたいタイプじゃないから、ライターは向いてるかも!

やればやるほどお金になる

久美
久美
頑張りが稼ぎに直結するのもやりがいがありますね

WEBライターの仕事の多くは、報酬額は「1文字あたり1円」などの文字単価、または「1記事あたり3000円」などの記事単価で決まります。

(※例外として、WEB製作会社などでライター職として正社員で就職する場合は固定給、アルバイトは時給になります。)

どちらにしても、いっぱい書けば書いた分だけお金が稼げるということ!!

例えば、3000文字以上のまとまった記事が書ければ単価1円以上の仕事が取れます。

ランサーズで高単価の仕事

上の画像はランサーズのライティングの仕事の例ですが、文字単価1.4円なら1記事あたりの報酬はこんな感じになります。

1.4円/文字×3000字=4200円

最初は1記事を書くのに丸1日かかってしまうかもしれません。

でも、慣れれば1時間で2000〜3000文字くらいは書けるようになりますから、執筆に1.5時間、編集や修正に0.5時間かかったとしても、時給2000円以上も目指せます!

ふみか
ふみか
速く書けるほど割が良くなるんですね!
久美
久美
専門知識や特殊な経験が必要な記事だとクラウドでも単価3円くらいの仕事もありますよ
ふみか
ふみか
3円で3000文字の記事なら…1本90000円!?

会社員とかパートだと「時間あたりいくら」で給料が支払われるので、いっぱい働くと損した気分になりますが、ライティングの仕事はスキルを磨いていっぱい書けば、その分だけちゃんと報われます!

文章はいくらでも極められる

最後に「書くことそのもの」の楽しさをお伝えできればと思います。

WEBライターの仕事は、義務教育レベルの国語力と、ちょっとのパソコンスキルがあれば誰にでもできる仕事です。

プログラミングとか、デザイン、記帳代行など他のクラウドソーシングの仕事に比べたら圧倒的に敷居は低いと思います。

でも、「これで完璧」という文章はなく、上を見たら果てしなく道が続いています。

  • もっと、分かりやすく読みやすく書きたい
  • もっと、役に立つことを書きたい
  • もっと、人の心を動かす文章を書きたい
  • もっと、SEOを極めたい
  • もっと、バズる記事を書きたい
  • もっと、速く、正確に書きたい

自分なりに理想のライティングを目指して探求していくと、工夫できることは無限にあり、飽きることがありません。

久美
久美
直そうと思ったら何回でも直せちゃうから、一応締め切りという与えられた期限までに毎回、全力を尽くして、ちょっとずつ底上げしていく感じです。
ふみか
ふみか
文章って奥深いんですね!

まとめ

WEBライティングは、自分の専門性や経験を人のために活かして、頑張れば頑張った分だけ稼げる、楽しくてやりがいのある仕事です。

久美
久美
なるには敷居が低くて簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください
ふみか
ふみか
ハイ!稼げるWEBライターを目指します!
久美
久美
私もまだまだ勉強中です。一緒に頑張りましょう!
私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんのメルマガを読んで、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。

「とにかく人生を変えたい」「自由になりたい」「願いを叶えたい」という人は、ぜひ読んでみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!