未分類

WEBライターの仕事がつらいとき、「書きたい」に切り替えるコツ。

こんにちは、Webライター4年目の高橋久美です。

私は元から文章が得意だったわけではなく、作文・小論文の類はむしろ苦手な方でした。

ライターの仕事も最初から目指していたわけではなくて、会社のお給料が安かったので何か副業したいなと思い、成り行きで始めたクチです。

仕事なので書かなきゃいけない!と思っても、正直、書くのがつらいと思うこともあります。

しかし、周りのライターさんの話を聞いていると、書くことが大好きで文章が上手な人の方でさえWEBライターの仕事をつらく感じることがあるようです。

それでも文章を書いて生計を立てていかないといけないので、みんなそれぞれのやり方で「書かなきゃ」というつらい気持ちを「書きたい」意欲に変換して、ライターの仕事を続けています。

というわけで今回は、つらいウェブライティングの仕事を楽しむために、先輩ライターさんからアドバイスをもらったことや私自身が工夫してきたことをご紹介します!

初心者ライターの方にはぜひご参考にしていただいて、仕事のつらさを軽くしてもらえたら嬉しいです!

※ここではランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングで主要な「SEOコンテンツ」を書くwebライターについての話になります。コラムや企画記事などはまたちょっと違ってきますので予めご了承ください。

WEBライターの仕事がつらいのはこんなとき!

まずは、書くのがつらくなる「あるある」から見ていきましょう。

自分の書きたいように書けない

小学校の頃から文章を書くのが大好きで、毎日欠かさず日記をつけ、作文を書けば入賞、小論文模試では全国10位以内、大学のレポートは指定の文字数の4倍書き、趣味はブログと投稿小説です!

…みたいな書くのが得意な人、表現したいことがたくさんある人ほど、普通のランサーズライター的な仕事はしんどいかもしれません。

なぜなら、WEBライティングは「書きたいこと・表現したいこと」をなんでも好きなように書くわけにはいかないからです。

テーマの選び方から個人ブログとは違います。

「今日はこんな面白いことがあったから、この話を書きたいな」などと思いつきで決めるのではなく、予め指定された「検索キーワード」にそって「読者が読みたいこと」を書かないといけません。

検索されやすくするための書き方もある程度決まっていて、「この単語を何回以上使ってください」などの縛りがあったりもします。

WEBライターのためのSEOとは
WEBライターに必須のSEOとは? 基礎知識と執筆のポイント解説WEBライターが知っておくべきSEOの基礎知識と記事入れのポイントを解説します。SEOの基本と、書き方のポイントを知識ゼロの人でも分かりやすくまとめました!...

自分の考えたことを表現するエッセイやコラムというよりも、調べたことを分かりやすくまとめる「大学のレポート」に近い感覚です。

レポートや論文ほど堅苦しくはないけれど、書式のルールや構成を作ってから書くところはWEBライティングによく似ています。

なので、ある程度は仕事を選べるにせよ、「好むと好まざるとに関わらず」決まったテーマや書式で書かなければならない、というのは文章を書くのが好きな人ほどつらいところです。

私が飛んでも代わりはいるもの…

インフルエンサーレベルの売れっ子ライターを除けば、ライターに求められるのは「クセのない文章」です。

言い換えると、WEB文章にはライターの存在感が無い方が良いのです。

企業はオウンドメディアで自社の商品やサービスに集客をしたいからライターを雇って記事を書かせるのであって、記事に人が集まってもそのライターのファンが増えるだけでは困ってしまいますからね。

また、他にも大勢ライターがいるようなメディアでは、全体の調和が取れるように書き方を合わせないといけません。

すると、こんな考えが頭をよぎります。

「この仕事、別に私じゃなくても、誰がやってもいいんだよなぁ…。」

それでも、読者に情報を届けて役に立つ仕事だから、誰かがやらなきゃいけないんだ!と思えればモチベーションになります。

ところがWEBライターの仕事の中には、ウェブ上の情報を集めてギリギリパクリにならない似たようなページを量産するだけの「文化的ゴミのバラマキ」みたいなものさえあります。

クラウドソーシングで雇ったライターが「飛ぶ(急に音信不通になってバックレる)」のは、単価が安いからだけでなく、自分の仕事にプライドを持てないつらさもあるのでは?

媒体によってはライターもキャラクター化して個性を演出していることもありますが、一部のインフルエンサー的なライターか、高スキルのライターに限られます。

「作品」は自分のものではなくなる

クラウドソーシングではほとんどの場合、「著作権」はクライアントに譲渡し、「著作者人格権を行使しないこと」が規約に含まれます。

聞き慣れない「著作者人格権」とは、ライティングの仕事で言うと例えばこんな権利です。

  • 納品した記事を公開するかどうかを決める権利
  • 記事を公開したときにライター名を表示するかどうかを決める権利
  • 無断で著作物を改変されない権利
  • 記事の内容に確信が持てなくなったときに公開をやめる権利
  • 記事の内容に修正があったとき、最新バージョンを適用するように求める権利

(参考・著作者にはどんな権利がある?|公益社団法人著作権情報センター

著作者人格権は俗人的な権利なので、譲渡することはできないけれど「行使しない」約束をすることで、「もうこの記事については完全に権利を放棄するので、煮るなり焼くなり好きに使ってください!!」という意味になるんですね。

なので、頑張って書いた記事が、見かけ上は自分が書いたことにさえならず、勝手に改変されたり非公開にされたりしても、何も文句は言えないのです。

クライアントによってはライターの顔と名前を表示して、ライター側のポートフォリオに使うのを許可してくれる場合もありますが、あくまでも規約外のことを好意でやってくれているだけ。

例えば後で消されたり、他のライターが書いてたことになったりしても、やっぱり文句は言えません。

一生懸命に書いて、文章に思い入れが強くなるほど、「作品」が自分の手を離れるのはつらいものです。

WEBライティングがつらくなくなる方法

仕事がつらくても、つらくなくても同じように締め切りはやってきますから、どうせなら楽しんで書ける方が圧倒的に良いですよね!

ここからは、私がライターとして仕事をつらくなくするために意識していることをご紹介していきます。

別モノとして楽しむ

「こんなの、自分が書きたいことじゃない!」と思っていると、書くのもつらいし、自分の書いた記事を好きになれません。

私も最初は、webライティングの書き方が理想としている文章とは全く違っていたので、なんでこんな風にしなくちゃいけないんだろう、と思って苦しかったです。

でも、そこから学ぶことも沢山ありました。確かにこっちの方が読者に興味を持ってもらえるなぁとか、分かりやすくなるなあ、とか。

ある意味では「型にハマった文章」になるのですが、それを学ぶことによってそうじゃない自由に書くときも、テクニックや感覚が使えるようになったんです。

どこでどう使えるかは分かりませんが、いったん自己流を捨てて、まっさらな気持ちで、別物として楽しむのが良いんじゃないかなと思います。

文章にはどれが完璧とか、どれが絶対的に正しいというものはありません。

グーグルのアルゴリズムも変換していますから、WEBライティングのテクニックもこれから変わっていくでしょう。

クライアントからの指示や、SEOライティングのマニュアルなんかも「今の所これがいいっぽいよ」と言うものでしかありませんが、それはそれで研究や練習のしがいのあるものです。

どうしても自分の美学が許さない!という人は、キャラクターや人物に変身したつもりで書くと良いですよ。

例えば、ブログやエッセイ小説などを書くペンネームと、SEO記事を書くときのペンネームを分けるのも効果的です。

「今はwebライティングのプロなんだ」というセルフイメージに変わって、結構ノリノリで書けます。

読者にフォーカスする

記事を書くのがつらい時は、たいてい主語が「自分」になっています。

  • 自分が人から認められたい。
  • 自分が頭がいいと思われたい。
  • 自分がお金や時間を損したくない。

もちろん、自分の生活はあるし、ちゃんと仕事に見合った報酬ももらうべきなのですが、気持ちの面で「自分のこと」ばかりになるとしんどくなります。

そんな時こそ、意識を読者に向けましょう。

これを読んだ人は何に困っていて、何を求めているんだろう? どうしたら喜んでもらえるだろう?

くだらない内容かもしれないけど、もしかしたら爆笑して、ちょっと気持ちが前向きになってくれるかもしれない。

生活がちょっぴり便利になったり、人生を前に進めるキッカケになるかもしれない。

その記事を読んだ人がパッと明るく笑顔になっているところをイメージしながら書くと、つらさは消えるわけではありませんが、相対的に小さく感じられるようになります。

例えば深爪して痛かったらすごい気になりますが、目の前で車に跳ねられて血がダバダバ流れて死にそうな人がいたら、深爪なんて構ってられませんよね。

ライターの名前なんか表示されない、誰が書いても同じ記事かもしれません。

でも、ネットに公開されれば、どこかのだれかがたどり着いて読むことになりますから、その人の人生に影響を与えることになります。

気持ちを読者にフォーカスすることで、少なくとも書いている最中は自分のつらさを忘れていられるのです。

手を抜かない

あとは、単純に、どの仕事も本気で取り組み、全力を出すことです。

人は全力を出せない時、つまらないと感じてつらくなるからです。

今、小学1年生の漢字ドリルをもう1回やれ、と言われたらどうでしょう? 簡単だけど、簡単過ぎてしんどいですよね。

WEBライティングの仕事も、「ちょっと難しいな」と感じる時が一番面白くて、「簡単な作業」になるとかえってつらくなります。

ちょっと無理めかな?と思うぐらいの案件にチャレンジするのも良いでしょう。

同じ仕事でも、1個でも新しい技術を取り入れられないか、もっと心に響く表現にできないか、と力を出し切ることです。

全力を尽くしていれば仕事も面白くなるし、チャンスも巡ってきます!

まとめ

ウェブライターの仕事は、書きたいことだけ書けるわけではないし、成果が認められるわけでもないし、面白くない、つらいと感じることもあります。

しかし、「そういうものだ」と思って、それはそれで楽しんで極めようと思うと、やりがいや面白さが発見できます。

文章を通して読者にとって最高の体験を提供するために全力を尽くせば、自分のつらさは忘れていられます。

つらいこともあるけれど、面白いしやりがいもあるWEBライターの仕事。私もまだまだ修行中ですが、一緒に極めて行きましょう!

WEBライターは楽しい
WEBライターの仕事は楽しい!面白さ・やりがいまとめ4年目のプロWEBライターが思う、ライターの仕事の楽しいところ、面白さ、やりがいなどをご紹介します!...
私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんのメルマガを読んで、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。

「とにかく人生を変えたい」「自由になりたい」「願いを叶えたい」という人は、ぜひ読んでみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!