未分類

WEBライターになるためのライティング練習方法4ステップ

WEBライティング練習方法

こんにちは! 4年目WEBライターの高橋久美です。

今回は、未経験からWEBライターになるためのライティング練習方法をステップバイステップで解説します。

かける
かける
ツイッターぐらいしかやったことがないんですけど、大学のレポートなら8000文字とか余裕で書いてたんで、余裕でできると思うんですよ
久美
久美
良い自信ですね〜!書くのが苦にならない人は本当にライター向いてますよ。ただ、作文やレポートとWebライティングはかなり違うので、それなりに練習はした方が良いです
かける
かける
そうなんですね、WEBライティングの練習方法を教えてください!

では、ゼロからWEBライティングを練習するステップを見て行きましょう。

この記事でわかること
  • いきなり仕事を受注した方がいい理由とは?
  • 経験ゼロでもそれっぽく書けるようになるトレーニング方法
  • 構成力をつける練習のやり方

ここでご紹介するのは、私も実際にやってきた練習方法や、今も続けているトレーニングです。

お読みいただければライターとしてスキルアップしていくときにずーっと役立ちますよ。

WEBライティングの練習方法

WEBライティングの練習の流れはこちらです。

  1. 体験談など「タスク」の仕事をやる
  2. お手本の記事をそのまま書き写す
  3. 構成や文体を真似してブログを書く
  4. トライアル記事を書く
かける
かける
えっ、いきなり仕事からやるんですか? 大丈夫かなぁ
久美
久美
大丈夫!アンケートみたいな簡単な仕事で、書くのに慣れるところからやっていくと練習しながら実績も積めますよ

それぞれ、具体的なやり方を解説しましょう。

ステップ1 体験談など「タスク」の仕事をやる

まずは、文章を書くのに慣れて、頭の中にあることをパッと文字に変換できるように練習します。

いきなりクラウドソーシングのサイトに登録して「タスク」形式の仕事をいっぱいやってみるのがおすすめです。

タスクとは、長くても数百文字程度の簡単なアンケートのような単発の仕事のこと。

単価は1件あたり数十円〜数百円と安めですが、自分の体験談をささっと書くだけなので時間もかかりません。

かける
かける
へぇ〜、練習になって少しお金も稼げるなら良さそうですね
久美
久美
例えば、こんなタスクの仕事がありますよ
  • あなたのダイエットのエピソードを書いてください
  • あながの恋愛テクニックを教えてください
  • ドラマ「●●」を見た感想を書いてください
  • オススメの小説を教えてください
  • 罹災して避難所を利用したときの体験談を書いてください

どれも400文字程度から長くても2000文字未満の仕事がほとんどで、文章の上手さはそこまで要求されません。

かける
かける
それなら、できそうです!
久美
久美
考えすぎず、スピード重視で思いついたことをサラサラっと文章にしましょう

自分でツイッターやFacebookの投稿をしても練習になりますが、どうせなら将来的に仕事を取って行きたいクラウドソーシングのサイトで仕事の実績も積んだ方が、後からライティングの仕事を受けやすくなります。

かける
かける
クラウドソーシングに登録するなら、おすすめのサイトはありますか?

クラウドソーシングの有名どころは「ランサーズ」と「クラウドワークス」ですが、ライティング専門の「サグーワークス」もおすすめです。

簡単に特徴をご紹介しましょう。

  • ランサーズ…案件の条件検索が使いやすい
  • クラウドワークス…知名度が高く案件数が多い
  • サグーワークス…マニュアルがしっかりしてる

ランサーズとクラウドワークスは言わずと知れたクラウドソーシング界のツートップ。

どちらも報酬はクライアントから仮払いされ、納品後に振り込まれる安心設計です。

サグーワークスだけちょっと特殊で、クライアントとライターの間にサグーワークスが入り、ライターが企業と直接やりとりすることはありません。

仕事をこなすとポイントが加算され、一定のポイント数を貯めると現金や電子マネーに交換できる仕組みです。

仕事の指示が統一されていて、マニュアルもしっかりしているので初心者も取り組みやすいですが、案件数が少ないのが残念。

久美
久美
私はランサーズを使ってましたが、メールの問い合わせにちゃんと返信が来るので安心でした。同時に登録しても平気ですので、とりあえず登録して、どんな案件があるのかチェックしてみてください!
かける
かける
よーし、まずは片っ端からやってみよう!

ステップ2 お手本の記事をそのまま書き写す

数百文字程度の文章を書くのに慣れたら、「構成」を練習すれば、見出しが何個もあるようなちょっと長い文章も書けるようになります。

かける
かける
構成…?
久美
久美
あるテーマについて、どんな情報を持ってきて、どの順番に並べたら読みやすい記事になるかを考えて、文章の構造を組みててることだよ

例えば、今お読みいただいているこの記事は「WEBライティングの練習」というテーマで、練習方法をステップごとにご紹介しています。

しかし、これ以外にも同じテーマで別の書き方ができます。

「私がWEBライターになるために練習したこと」を体験談風に書くこともできますし、WEBライティングの練習課題と例文を紹介しても良いですね。

構成を考えて目次を作ったら、あとはそれぞれの見出しの中身を書くだけです。

この記事も全部で4000文字程度ですが、よく見ると数百文字程度のブロックが合体しています。

久美
久美
だから、400文字が書けるなら、2000文字でも1万文字でも書けるんです!
かける
かける
おおー、なんだか長文への心のハードルが下がりました!でも、構成はどうやって練習したらいいんですか?

それには、簡単で、めちゃくちゃ効果的な練習方法があります。

その方法とは、お手本となるブログ記事を、そのまま、紙に書き写すこと!

例えばこんなメディアで書きたいな、と思う良いお手本を探したら、紙にそっくりそのまま書き写します。

句読点や改行のタイミング、文字の装飾や見出しなどもなるべく同じように書き写しましょう。

すると「こういう感じで書けば良いんだな」と書き手の感覚が何となくわかります。

何記事か書き写せば、構成のパターンも分かってくると思います。

久美
久美
いきなり自分で構成を練るよりも、具体例をたくさんインプットして雰囲気をつかんでからの方が上達が早いですよ
かける
かける
へー、ちなみにパソコンで入力するのはダメなんですか?

パソコンが苦手な人はパソコン入力でも良いですが、タイピングの上手な人は手書きが良いです。

なぜなら、ゆっくり写した方が読みながら考える時間が長いから。

「どうして、この順番で書いたんだろう」「こういう表現にした意図は何だろう」と、じっくり考えながら書き写しましょう。

久美
久美
私は今でも書き写しは続けてますよ。めんどくさかったら1記事だけでも良いので、丁寧にやってみてください。文章が見違えます!
かける
かける
やってみます!

ちなみに「名文」「美文」と呼ばれるような文学作品は、表現がむずかしすぎたりWEBの書式と全く違ったりするので、書き写しにはおすすめしません。

平易な言葉で書かれた分かりやすい文章で、必ずWEBの書式のものを書き写すようにしてください。

どれをお手本にしたら良いか分からない人は、以下のサイトがおすすめです。

  • STUDY HACKER
    WEBライティングの基本に沿って、情報がよくまとまっています。やや固めの文体。
  • 女性の美学
    美容系のメディア。構成のバリエーションが参考になります。
  • バズ部
    WEBライターも知っておきたいコンテンツマーケティングやSEOライティングの話を学びつつ、記事の書き方が練習できます。

他、書きたいジャンルでネットを検索すると色々サイトが出てくるので、検索の上位に出て来るサイトの読みやすい記事があったらお手本にしましょう。

ステップ3 構成や文体を真似してブログを書く

かける
かける
WEB記事の作りが分かって来ました! 最初は導入や目次があって、中身が始まって、最後にまとめ、っていうパターンがほとんどですね
久美
久美
じゃあ、その構造を使って練習用のブログを書いてみましょう

アメーバブログやはてなブログなど、無料のブログで構いませんので、自分用のブログを作って記事を入れて行きます。

内容は、「お手本にしたメディアに、自分が新しく記事を書くとしたら…」とイメージしてテーマ、または自分の書きたいテーマで構いません。

構成や文体はお手本を参考に、真似して書いてみましょう。

当たり前ですが、内容はそのままコピーしちゃダメですよ。あくまでも「構造」だけマネします。

手順はこんな感じがやりやすいと思います。

  1. テーマ・トピックを決める(例、ココナッツオイルの効果とおすすめの使い方)
  2. テーマ・トピックについて取材し、素材を集める(例、ネットで検索、本で調べる、自分で使ってみる、使った人の話を聞く、等)
  3. お手本を参考に構造を作る(目次を先に書く)
  4. 目次に沿って中身を書く
  5. 推敲、文字装飾などを編集
かける
かける
いっぱい調べると、どこをどう切り取るか迷いますね
久美
久美
練習なので、同じテーマで何個も書いても良いですよ

そう、これは練習です。上手じゃなくても全く問題ありません。

何記事か練習しながら時間を計って、何文字の記事がだいたいどのくらいで仕上げられるのか、感覚を掴めればOKです。

ステップ4 トライアル記事を書く

何となく記事の書き方が分かったら、いよいよ数千文字のまとまった記事の案件に応募してみましょう。

無理せず、初心者・未経験歓迎の案件で、期日も余裕を持って受注すると安心です。

かける
かける
いきなり仕事を任せてもらえるんでしょうか?!
久美
久美
最初は「トライアル記事」を書いて応募するのが一般的です。試験みたいなもので、基準に到達していれば実際の仕事を任せてもらえますよ

トライアル記事は無報酬〜ちょっと安めの報酬設定になっていますが、練習と思ってどんどん応募し、落ちた時は編集者のアドバイスを聞いておくと良いでしょう。

実際に仕事が始まってからも、毎回、今までの集大成を目指すつもりで、ちょっとずつ工夫していくと上達していきます。

WEBライティングの練習方法|まとめ

では、最後に本日のまとめです。

WEBライターを目指す人の練習方法は、まずはタスク形式の仕事を大量にこなして、書くことに慣れつつクラウドソーシングの実績を作りましょう。

少しずつ長めのまとまった記事も書けるように、 お手本の記事をそのまま書き写したり、構成や文体を真似してブログを書いたりして練習します。

行けるかな、と思ったら初心者歓迎の案件に応募して、トライアル記事を書いてみてください。

あとは毎回、工夫して仕事をこなしながら、実績と実力をつけていきましょう!

かける
かける
よーし、やってみます!
久美
久美
頑張ってください!
私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんのメルマガを読んで、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。

「とにかく人生を変えたい」「自由になりたい」「願いを叶えたい」という人は、ぜひ読んでみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!