未分類

ライターがブログから仕事を取るメリット・デメリットとコツを解説

ライターの仕事をブログから

こんにちは、Webライター4年目の高橋久美です。

今回は、自分のブログからライターの仕事依頼を受けるのは実際どうなのか、というテーマでお話しします。

  • 自分でメディアのライター募集に応募したり、クラウドソーシングで受注したりするのに比べてどんなメリット・デメリットがあるのか?
  • ブログから仕事を取りやすくするコツとは?
  • 直接契約する時に面倒なこと

など、現役ライターが解説します!

ブログから執筆依頼を受けるメリット4

ブログでライティングの案件を受け付けるのには、次のメリットがあります。

  • 外部メディアでの執筆実績の代わりにできる
  • 書きやすい
  • 価格や契約内容の交渉がしやすい
  • コンテンツマーケティングを体験できる

順番に解説しましょう。

外部メディアでの執筆実績の代わりにできる

誰でも最初の仕事を受けるまでは未経験のライターです。

執筆の実績が無いので、新しい案件に応募しようと思ったら「とりあえずテストライティングお願いします」と、実力を試されるわけです。

ところが、自分のブログをずっと書きためていれば、クライアントに「こんなことができますよ」とPRする材料にできます。

ブログを見れば、その人の文章力だけでなく、HTMLの編集ができることや、根気よく書き続ける力、SEO知識まで分かってしまうからです。

ブログがしっかり書けていれば、執筆実績の代わりに十分使えます。

書きやすい

クライアントがあなたのブログを見つけて依頼してくれたということは、記事のジャンルが似ているか、文章のテイストやキャラクターや何かを気に入ってくれたと考えられます。

その案件では、いつものブログのように自分の得意ジャンルや文章の持ち味を発揮することができるでしょう。

もちろん、メディアや読者層に寄せる必要はありますが、自分から応募した案件に比べれば圧倒的に書きやすくなり、楽しい仕事になるはずです。

価格や契約内容の交渉がしやすい

メディアのライター募集に応募する時や、クラウドソーシングで提案する時は、「1記事何円で、こういう条件で応募します!」とクライアント側で予め単価や契約内容を決めています。

予算が限られていることもあり、他にも応募者がたくさんいると、単価アップ交渉は現実的に難しいことが多いです。

文字単価アップ交渉
文字単価アップ交渉のベストなタイミングと理由、言い方について一番安いときで文字単価0.1円だった同じクライアントさんのところで、段階的に交渉を重ねた結果、最終的に1.5円にまでアップしたことのある...

ところが、向こうからスカウトしてくれるとなると話は別です。

取材なしの記事なら文字単価3円〜、取材ありの場合はインタビュー1時間につきいくら〜、などと自分で自分の値段を決めてしまえます。

また、契約内容についても自分から条件を提示して、嫌だと言われたら「じゃあ書けません」と断れば良いので有利に交渉できます。

クラウドソーシングでは放棄するのが当たり前の著作権・著作者人格権も、自分で契約書を作って「コンテンツの運営や宣伝の目的下で自由に使用及び加工の許諾(著作権・著作者人格権は著者が保持)」とすることもできるし、「原稿料の着金を以て契約開始とする」なんて前払い要求をすることもできます。

どこまで通るかは企業側の都合もありますが、ライターに一方的に不利にはならない交渉がしやすくなるのです。

あと、直接契約なのでクラウドソーシングに払う手数料がなく、手取りが増えるのも地味にありがたい!

コンテンツマーケティングを体験できる

ブログを運営する経験そのものもプラスになります。

自分でブログを書いてお客さんを集めるのは、コンテンツマーケティングそのものだからです。

  • 見込み客はどんなコンテンツを読みたいのか?
  • そのジャンルではどんなキーワードが検索されているか?(SEO)
  • サイト全体の設計はどうするか?
  • 「はじめまして」の読者の信頼を得るにはどんなことを書けば良いか?
  • ブログ記事から問い合わせまでの動線をどうするか?

ブログをやるにも、考えることはこんなにたくさん!

この「自分で自分のお客さんを集める」経験は、クライアントのメディアで見込み客を集めるのに活きてきます。

ブログで案件を獲得するデメリット

今度はブログから案件を取るデメリットも見ていきましょう。

直接契約ならではの面倒臭さ

直接契約には単価や条件の面では良いようにできますが、半面、ちょっと面倒なところもあります。

事務的な面だけでも、自分で契約書や発注書を準備しないといけないし、毎月毎月請求書を作って入金確認や督促もしないといけません。

クライアントがメディア運営に慣れていないと、教えるのに時間のコストが発生することもあります。

また、せっかく頑張って書いた記事を納品したのに報酬が支払われないなんてトラブルになっても、全て自己責任で対応しないといけません。

下手したら数万円の原稿料を回収するのに郵便局行って内容証明を送って、それでも支払われなくて裁判所に行って少額訴訟を起こして…ってなると何日も潰れてしまいます。

待ちの姿勢である

ブログから案件を獲得するのは、網を張って魚を捕まえるようなもの。

魚はいつやってくるかわからない「待ち」の姿勢です。

新しくブログを作ってからアクセスが集まってお客さんが来るようになるまでには、何ヶ月もかかるかもしれません。

なので、ブログからの依頼はあまりアテにせず「来たらラッキー」ぐらいに思っておいて、自分からどんどんメディアのテストライティングに応募するのも組み合わせて仕事を広げていきましょう。

ブログからライターのスカウトを受けるコツ

ここからは、ブログからライティングの依頼を受けるコツについて、順を追って解説していきましょう。

どのブログサービスを使うべきか?

ライターの仕事を取るためのブログを新しく立ち上げるなら、どのブログサービスを使うのが良いでしょうか?

私の個人的なおすすめは…

  • SEOライター:WordPress
  • オピニオン・コラム系:はてなブログ、noteなど
  • 面白・ネタ系:アメーバブログ、ライブドアブログなど

です!理由をそれぞれ解説しましょう。

SEOライティングの案件はほどんどが「ワードプレス入稿」なので、ワードプレスのブログを自分でやってれば練習になるし、クライアントにも「ワードプレス使えますよ」アピールができます。

ワードプレス入稿のやり方
初めてのワードプレス入稿ガイド|WordPressで納品してと言われたらワードプレス入稿に対応できると、WEBライターの仕事の幅が広がります! このページでは、初めてのワードプレス入稿に必要な最低限の操作を画像付きでわかりやすく解説しています。実はそんなに難しくないので、ぜひ覚えてください!...

SEOを効かせにくいオピニオン・コラム、またはネタ系の記事については、ブログサービス自体にSNSの機能が付いているものが良いでしょう。

はてなブログは議論好きな人が多いイメージで、「はてなブックマーク」というソーシャルブックマークサービスと連動しているためバズを起こしやすいメリットがあります。

noteもリテラシー高い層だけどアート寄りでオシャレな感じ。厳密に言うとブログではなく、有料の記事やマガジンの発行も可能です。

アメーバブログやライブドアブログは旧来の「日記ブログ」の雰囲気が残っていて、長文やビジネスライクなコンテンツは好まれません。

自分のホームページとして使いやすいのはワードプレス、SEOとソーシャルのバランスがいいのははてなブログあたりかなと思います。

依頼しやすいサイト設計に

クライアントの立場に立って、依頼しやすいサイト設計にしておくことも重要です。

ネットで見つけたライターに仕事を頼むハードルを下げるには、こんなページを作ってメニューやサイドバーから見つけられるようにしておきましょう。

(ワードプレスなら「投稿」ではなく「固定ページ」で作ること。)

ポイントは、クライアントが「依頼を思いとどまる理由」を考えて、それを全て先回りして潰して行くことです。

例えば「会ったことがないし、どんな人か分からないから…」と言う理由を潰すには、プロフィールには経歴や実績だけでなく、なぜライターをやっている理由やライティングにかける思いなど、人となりが分かるようにすると良いかもしれません。

これが絶対というものはありませんので、色々やってみて改善していきましょう。

書きたいジャンルでキーワード上位を押さえる

SEOライターなら、「地域名 フリーライター」などでキーワード対策しても良いのですが、それよりも自分の書きたいジャンルのブログ記事をたくさん書いて検索上位を押さえてしまいましょう。

いくつものキーワードで上位に入れればメディア運営者の目につきますし、SEOライティングができることの何よりのPRとなります。

思いっきり個性を出す

個人のブログは何を書いても自由ですから、思いっきり個性を出しましょう。

ただし、クライアントが「このライターさんウチで書いてもらって大丈夫かな?」と不安になるような表現は避けた方が無難です。

例えば、女性に叩かれるような発言が多くて炎上しまくっている人は、女性向けのメディアで採用してもらうことは難しいでしょう。

「自分には特に個性ないなぁ…」と思う人も大丈夫!

無個性なのもある意味で個性です。

クセのない文章が書けることはライターとしてはむしろ強みになりますので、自分の良さと認めて伸ばすと良いと思います。

ブロガーとライターどっち?
ブロガーとライター、どっちが向いてる? あなたの適正をチェック!文章をお金にする2つの方法「ブロガー」と「ライター」の違いや、どっちがどんな人に向いているのか、をご紹介します。文章はどう違う? お金の発生の仕方や働き方は?...

ライターの仕事をブログから取る方法|まとめ

自分のブログからライターの仕事を受けるのは、待ちの姿勢になり時間もかかりますが、自分の文章を気に入って依頼してくれるクライアントさんの仕事なので執筆も契約の面でもやりやすいメリットがあります。

あなたの書きたいジャンルに合ったブログサービスを選び、仕事を依頼する上での不安を潰せるような案内ページを設けたら、あとは思いっきり好きなように書きまくりましょう!

検索やランキング、SNSであなたのブログがクライアントの目に止まればチャンスです。

たとえ仕事には結びつかなくても、ブログは文章を書くトレーニングになり、普通に趣味としても楽しいので、ぜひやってみてください!

ブロガーとライターどっち?
ブロガーとライター、どっちが向いてる? あなたの適正をチェック!文章をお金にする2つの方法「ブロガー」と「ライター」の違いや、どっちがどんな人に向いているのか、をご紹介します。文章はどう違う? お金の発生の仕方や働き方は?...
私の人生に起きた「奇跡」のような出来事

 
ここまでお読みいただきありがとうございます!

一人でも多くの方に、人生をもっと楽しんでもらえたらいいな、と思いこのブログを書いています。

私はほんの3年前ぐらいまで、真っ暗闇のどん底の中にいました。

信じていた人に見捨てられ、寂しさを紛らわすように刺激的なゲームやネットの掲示板や動画を見まくり、一食にご飯を2合食べるほどの過食も止まらず、コンビニの袋だらけでゴミ屋敷寸前・・・。

人と比べては「自分はダメだ」と落ち込む日々でした。

ところが、私の先生であり、最も頼れる友人でもある佐藤想一郎そういちろうさんに出会って、人生が全く逆の方向に回り出しました。

まだ20代なのが信じられないくらい色んな経験をしていて知識も豊富なのですが、何よりも「良い未来」を信じさせてくれる不思議な説得力があります。

そんな想一郎さんのメルマガを読んで、願っていたことが次々と実現しました。

過食が治り、ライターとして独立し、安定した収入を得て、一緒に成長していける仲間達とも出会えました!

もっと多くの人に人生を楽しんでもらいたいという思いから、このブログでは、想一郎さんの無料メルマガ『奇跡の扉』を紹介しています。

「とにかく人生を変えたい」「自由になりたい」「願いを叶えたい」という人は、ぜひ読んでみてください。

→ 詳しくは今すぐこちらから!